アスカ事業協同組合(千葉県佐倉市)外国人技能実習制度を通じて日本の技術をアジアへプライバシーポリシーサイトマップ

お知らせ

2021/01/13

コロナウィルス予防(よぼう)のために注意(ちゅうい)すること

もし、熱(ねつ)が37.5度以上あったり、からだがだるかったり、風邪(かぜ)の症状(しょうじょう)がある時などは、技能実習指導員(ぎのうじっしゅうしどういん)や生活指導員(せいかつしどういん)に相談(そうだん)してみて下さい。

予防(よぼう)のために注意(ちゅうい)することは

  • 出かける時には、マスクをして、必要(ひつよう)のない外出は控(ひか)えて、外から帰ってきたら、石けん(せっけん)で手洗い(てあらい)、うがい、消毒(しょうどく)をしましょう。
  • 人との距離(きょり)は2mはなれるようにして、家では窓(まど)を開けて空気(くうき)のいれかえをしましょう。
  • 消毒液(しょうどくえき)も使い、ウィルスから自分を守り、健康的(けんこうてき)な生活(せいかつ)を送って下さい。

 

外国人技能実習機構(がいこくじんぎのうじっしゅうきこう)のホームページにコロナウィルスの感染症(かんせんしょう)についてやさしい日本語で読むことができます。

http://www.otit.go.jp/CoV2/

 

 

お問い合わせ
アスカ事業協同組合へのお問い合わせはこちらから

外国人技能実習生の受け入れならアスカ事業協同組合 お問い合わせはこちらから外国人技能実習生の受け入れならアスカ事業協同組合 お問い合わせはこちらから