アスカ事業協同組合(千葉県佐倉市)外国人技能実習制度を通じて日本の技術をアジアへプライバシーポリシーサイトマップ

STATEMENT
外国人技能実習制度を通じて
日本の技術をアジアへ

アスカ事業協同組合は、異業種の協同組合である特徴を活かし、分野の異なる中小企業の独自技術による支援や経営ノウハウ等のソフト面での情報提供を通じ、新規事業を創出し、事業化を目標としています。

日本で受け継がれてきた繊細な技術や、最先端技術を活かした取り組みは、今後も著しい発展が見込まれるアジア諸国において、持続可能な経済発展を実現するために必ずや求められる役割です。

このようなニーズに的確にこたえるため、アスカ事業協同組合は、アジア諸国の青壮年労働者を技能実習生として一定期間産業界に受入れ、日本の優れた産業・職業上の技術・技能・知識の修得を支援し、母国の発展につながる人材を育成していく国際貢献の役割を果たして行きたいと願っております。

また、急速な人口減が進むなかで、海外からの人材をいかに日本に呼び込むかが重要な政策課題となっている背景のもと、中小企業にとっても人材の確保と育成が競争力の鍵となっています。

アスカ事業協同組合は、加盟組合員企業の経営から福利厚生までの国際化対応をサポートし、職種、人材条件、教育・管理体制などを考慮し、受入れ企業に合った人材を選定いたします。
特に関東一円において外国人技能実習制度を通じて技能実習が適正に実施されているか確認し指導することを強みとしています。

積極的に技術や技能を習得したいという意欲を持つアジアの若者が職場に入ることにより職場が活性化し、安定した雇用の確保は中長期的な生産体制・人員計画を組むことができます。

私たちアスカ事業協同組合は、異業種同士の力を合わせ、共同体を構成することにより、加盟組合員企業の底力を最大限に引き出すとともに、それぞれが直面している課題や障壁を打破し、新たな時代に向けた変化を創り出すための挑戦を続けてまいります。

理事長 紺野浩幸

外国人技能実習制度について

開発途上国等には、経済発展・産業振興の担い手となる人材の育成を行うために、先進国の進んだ技能・技術・知識を修得させようとするニーズがあり、このニーズに応えるため、諸外国の青壮年労働者を一定期間産業界に受け入れて、産業上の技能等を修得してもらう「外国人技能実習制度」という仕組みがあります。
この制度は、技能実習生へ技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。

お問い合わせ
アスカ事業協同組合へのお問い合わせはこちらから